アトピーの人の馬油の効果

馬油はアトピーに効果あり!その様々な効用を解説します!

投稿日:2017年2月25日 更新日:

 

 

 

 

馬油はアトピーの炎症や乾燥肌を治したい

と思う方にはうってつけの保湿剤です!

 

と、このように馬油がアトピーに効くという話は

たびたび聞くかと思いますが

具体的にどういいのか、ということは知らない方も多いかと思います

 

今回はそんな方たちに役立つ

馬油の詳しい効果や

なぜアトピーにいいのかということを

解説していきたいと思います!

 

 

馬油ってなに?

 

 

そもそも、馬油ってなんだよ、と思うかたも

いらっしゃると思うので説明させていただくと

 

馬油とは昔から火傷や炎症などの特効薬として

民間療法に多く使われてきた馬の油のことをいいます

 

歴史はかなり古く、約4000年前の中国の騎馬民族時代からあり

約400年前に中国から渡来してきた名僧によって日本にも伝えられました

 

そして現代では、その多彩な効用から

火傷だけではなく様々な用途として注目されるようになったのです

 

 

馬油の効果は?

 

 

馬油の最大の特徴は

とにかく油が上質で人間の体に馴染みやすいということです

 

なぜかというとそれは

馬油に多く含む不飽和脂肪酸にあります

 

 

油脂とは動物性の飽和脂肪酸と

植物物性の不飽和脂肪酸に分かれるのですが

 

飽和脂肪酸を摂取するとコレステロールを増やしてしまい

あまり体にはよくない一方

不飽和脂肪酸はコレステロールの沈着を防ぎ体にもいいです

 

(ちなみに飽和脂肪酸は肉やラードに含まれ

 不飽和脂肪酸はオリーブオイルなどに含まれる油です)

 

また、不飽和脂肪酸は液体なので肌に塗っても高い浸透力をほこり

さまざまな効用をもたらせてくれます(詳しくはあとで解説します)

 

そしてなにより素晴らしいのが

人間の体の油分とは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が3:7なのですが

なんと馬油も同じ3:7の比率で人間の体とほぼ同じ成分構造なので

めちゃくちゃ肌に馴染むのです!

 

http://nikipedia.jp/horse-oil-acne-4687より引用

 

ご覧いただければわかるとおり

人間の皮脂と馬油の脂肪酸組成はほぼ一緒です

 

 

さらに、馬油の不飽和脂肪酸のなかには高度不飽和脂肪酸という

人間の体内では作ることのできない必須脂肪酸が多く

皮膚バリアを作るのを促してくれます

 

 

なんで馬油はアトピーにいいの?

 

 

さて、馬油の特徴は「油が上質」でしたが

これがアトピーと深く関わってくることになります

 

そんな馬油の効果ですが全部で5つです

 

1.保湿作用

2、抗菌作用

3、消炎作用

4、血行促進作用

5、抗酸化効果

 

それでは一つ一つ見ていきましょう

 

 

1.保湿作用

 

馬油の最大の効果は類まれな保湿力です!

 

普通の保湿剤とは

肌の一番上の角質層までしか浸透しませんが

馬油の不飽和脂肪酸の浸透力はすさまじく

表皮を超えて真皮のほうまでしっかり保湿してくれます

 

まさに乾燥肌のアトピーにはうってつけで

カサカサだった肌がびっくりするくらい潤いました

 

アトピーの方が使える保湿剤の中では

トップクラスの保湿力で馬油の一番のメリットといっていいでしょう

 

 

2、抗菌作用

 

馬油の特徴の一つとして「捕菌

というものがあります

 

もともと油には細菌を閉じ込めて逃さない

という特徴があり

馬油は、その高い浸透力のおかげで

完璧な形で細菌を捕らえることができます

 

アトピーは黄色ブドウ球菌いう菌が原因

炎症が起きるといわれていますが、その対策にもなります

 

(ただし抗菌作用に関してはホホバオイルのほうが優れています)

 

3、消炎作用

 

馬油はステロイドや抗炎症作用がある薬ほどには

効きませんが一応消炎作用があるので

炎症部分に塗っても大丈夫です!

 

(正し血行促進作用があって

 痒みを引き起こす可能性があるので

 ちょっと塗ってみて悪化したらすぐやめましょう)

 

 

4、血行促進作用

 

馬油は高い浸透力により

血が通っている皮下脂肪まで栄養分を運んでくれます

 

それにより血行も盛んになるので

常に体が冷えているアトピーには嬉しい効果です

 

冷えは万病のもとで、アトピーを悪化させる原因でもあります

 

また、血行をよくすることで皮膚の再生力をあげるので

シワやしみを対策にもなり美肌効果としても優秀です

 

5、抗酸化作用

 

馬油には酸化しやすく肌の中で腐りやすいという欠点がありましたが

それを克服するためにビタミンEが豊富に含まれています

 

そのため酸化することもなく

皮膚の中の空気を追い出し、さらに肌にふたをすることで

外からの空気も同時に防いでくれます

 

それによって老化や様々な病気の原因だといわれている

活性酸素を防ぐことができるので老化防止にもなったりします

 

馬油の欠点はある?

 

このように優秀かと思われる馬油ですが

デメリットもあって、それは使用感が悪いということです

 

どんな感じかというと

ワセリンを想像してもらえればわかりやすいと思います

 

朝塗っていくとテカテカの顔になってしまうのは

結構きつかったりします

 

そしてもうひとつ炎症が治まってきたとき塗ると

アトピーが悪化してしまいます

 

(馬油によるアトピーの悪化に関してはコチラから

  馬油でアトピーが悪化した?正しい馬油の使い方とは

 

 

この2つの欠点は致命的ですよね

 

なので私がアトピーのかたに馬油をおすすめするときは

この二つの欠点を克服した「馬油クリーム」を薦めるようにしてます

 

馬油クリームは普通のクリームに馬油を混ぜたもので

馬油のいいところをすべて含んだ上に

馬油の欠点を消してくれる優れものです

 

 

そんな馬油クリームについて詳しく語りたいところですが

また記事が長くなってしまったので次回で解説したいと思います!

 

 

(追記:書けました!おすすめの馬油クリームはこちらから

アトピーにおすすめの馬油はキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ)

 

 

 

 

-アトピーの人の馬油の効果
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

馬油でアトピー跡を治すことはできるわけとは?

    アトピーだと傷もたくさんできますし 苦労して治ったとしても特有の赤み いわゆるアトピー跡が残ってしまって気になりますよね   このブログでも散々紹介していますが …

馬油の抗菌力はどれくらい?アトピーを治すことはできる?

  前回の馬油のアトピーへの効果の記事で 馬油はアトピーの原因である菌を 殺菌する効果があるということを少し紹介しました   ただし、抗菌作用がある保湿剤とは馬油だけでなく 他にも …

馬油とココナッツオイルの比較!アトピーにはどっちがいい!?

    当ブログでおすすめしているのは馬油ですが ココナッツオイルはどうでしょうか? と聞かれることもよくあります   私もココナッツオイルは半年ほど 使用していた時期が …

馬油は酸化しやすい?酸化しやすいことのデメリットと対策

  馬油はアトピーにおすすめできるオイルですが 酸化しやすいというデメリットもあります   酸化しやすいとなぜいけないか ということはイメージしずらいですが 結構致命的なデメリット …

なぜ馬油がアトピー肌の保湿に優れてるのか?皮膚の仕組みとは

    アトピーに至るまでの原因は 色々あると言われています!   たとえば、腸内環境が悪かったり 遺伝により作れない成分があったり 冷え性だったり活性酸素だったり・・・ …