アトピーの人の馬油の使い方

馬油はアトピーのじゅくじゅく肌に塗っても大丈夫?

投稿日:

 

 

 

先日、アトピーのじゅじゅくした炎症の肌に

馬油を塗っていいか

という質問をいただきました

(メールありがとうございます!)

 

馬油にはたしかにオイルタイプの保湿剤で

抗炎症作用があり炎症部分に塗るのも

基本大丈夫なのですが

時にアトピーを悪化させてしまう場合もあります

 

今回はその辺の馬油の塗り方の

解説をしていきたいと思います!

 

馬油をじゅくじゅくした炎症肌に塗るリスクとは?

 

馬油とは人間の皮脂と成分構造が近く

比較的安全なオイルと言われていますが

口コミなどを見ていると悪化したと言う声もあります

 

私が考える限りですが

馬油を炎症部分に塗って悪化する場合には

2つのパターンが考えられます

 

1、動物アレルギー

 

まず一つは動物アレルギーということです

 

馬油は動物性の脂ですので

動物アレルギーを持っている人のなかに

アレルギー反応を示す人もいます

 

といっても馬にアレルギー反応を

もっている人は結構少ないのでそこまで心配する必要はないのですが

羊油のラノリンがダメだった人は馬油もダメな可能性が高いです

 

あと犬猫のアレルギーを持っている場合にも

一応気をつけておいたほうがいいかもしれません

(私は犬猫どっちもダメですが馬油は大丈夫でした!)

 

 

2、血行促進作用による痒みの誘発

 

 

馬油には血行促進作用が気持ち程度に

含まれていて新陳代謝をよくしてくれる効果もあります

 

しかし、その血行促進はときに

痒みを引き起こしてしまう場合があります

 

これはお風呂に入ったり、夜寝るときに

急に体が痒くなるのと同じ原理なのですが

 

血行が縮まっているところを何かしらの作用で急に拡張すると

血行の近くにある痒み神経が刺激され

温熱湿疹というのを発症してしまうのです

 

(余談ですが私はこの温熱湿疹が一番多く

長時間運転で血行が固まったあと急に動くと

いつもかゆくてしかたなくなります)

 

先ほど言ったとおり馬油には

たいした血行促進作用はないのですが

炎症部分に塗るとこのようにかゆみを引き起こす可能性があるので

そういった場合はすぐ使用を中止するようにしましょう!

 

 

まとめ

 

ということで今回は

馬油をジュクジュク肌に塗ったときにありうる

副作用というのを解説させていただきました

 

人間はどんなものにでも

アレルギーを起こす可能性があり

自分にあうものを見つける

といったことが重要になってきます

 

私がおすすめする馬油クリームは

先ほどの副作用の可能性を減らし

アトピーの敏感肌に最適な保湿剤なので

是非一度試してみてください

 

私がおすすめする馬油クリームはコチラから

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

 

-アトピーの人の馬油の使い方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

馬油はアトピーの脱ステの最中にも使ってもいい?

  脱ステ中の保湿剤って迷ってしまいますよね?   脱ステ中に保湿剤を塗っていいのか悪いのか 塗るとしたらどんな保湿剤を塗るのか これらは正解がないのでかなり難しいところです &n …

馬油でアトピーが悪化した?正しい馬油の使い方とは

    馬油は人間の皮脂とほぼ同じ構造の油のため 他の保湿剤の中でも安全で高い保湿力を誇ります   そのため乾燥肌や敏感肌である アトピーのかたに最適なオイルと言われてい …

馬油でアトピー特有の顔の赤みは治る?赤ら顔の治し方

  一度なってしまうとなかなか治らない アトピーの赤ら顔ですが 馬油はアトピーの赤ら顔に効くかという質問を頂きました!   アトピーの顔の赤みや乾燥って 痒みや痛みより地味に辛かっ …

アトピーの人の顔に馬油を塗っても大丈夫?馬油の安全性とは

    馬油は顔に塗っても大丈夫ですか? という質問を先日いただきました!   馬油は人間の皮脂の構造とにていて またオイルタイプの保湿剤のこともあって 保湿剤の中では比 …