アトピーの人へおすすめの馬油

アトピーには馬油とワセリンどっちがいい?比較してみた

投稿日:

 

 

 

アトピーに使う保湿剤で

ワセリンを選ぶ人は多いです

 

わたしもワセリンには

お世話になった時期がありかなり重宝しています!

 

安価で安全なことから

アトピー以外のかたからも人気があるワセリンですが

具体的に馬油とはどのような違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は馬油とワセリンの

違いについて比較していきたいと思います

 

馬油ってなに?

 

馬油とは4000年前に中国で

火傷や怪我などの特効薬として使われてきた

馬からとれる油のことをいいます

 

最大の特徴は圧倒的な保湿力です

 

馬油の油はとにかく上質で

また人間の皮脂の構造と似ているため

皮膚の奥のほうまで浸透し高い保湿力を誇ります

 

人間の体内で作ることができない必須脂肪酸も豊富に含んでおり

皮膚バリアの構成力にも長けています

 

馬油の詳しい説明に関してはコチラ

馬油はアトピーに効果あり!その様々な効用を解説します!

 

ワセリンってなに?

 

ワセリンとは石油から抽出されるオイルのことで

擦り傷、火傷、湿疹、手荒れなどかなり万能で気軽に使える塗り薬です

 

石油と聞くとなんだか体に悪そうな感じがしますが

石油とは元は大昔のプランクトンで

さらにそこから不純物を取り除いているので害はありません

 

ワセリンの最大の魅力は安全性です

 

ワセリンがダメなら

他に塗れるものはないと言われているくらいで

ワセリンにアレルギー反応を起こす人ほぼいません

 

ワセリンの詳しい説明はコチラから

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

 

馬油とワセリンの比較

 

馬油とワセリンは同じオイルタイプで安全な保湿剤ですが

具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれ見ていきましょう!

 

保湿力で選ぶなら圧倒的に馬油!

 

 

先ほど言ったとおり馬油とは

人間の皮脂と似ているため高い浸透力を誇ります

 

普通の保湿剤とは皮膚の表面の角質層までしか届かないのですが

馬油はその高い浸透力で皮膚の下層までいきしっかりと保湿します

 

また捕菌という特性も持っていて

アトピーの原因である黄色ブドウ球菌などを

油で包みしっかりと抗菌してくれます

 

 

対してワセリンは

肌に薄い膜を張って水を逃がさないようにしているだけで

保湿成分が入っているわけではないので保湿力はほぼないです

 

なのでワセリンを使うときは

お風呂上りや体に霧吹きするなどして

水分が肌にある状態で塗りましょう!

 

安全性でとるなら断然ワセリン!

 

安全性でいうならワセリンの圧勝です!

 

馬油は高い保湿力を誇りますが

浸透力が高いということはメリットだけでなく

アレルギーを起こす可能性もあります

 

また馬油には一応血行作用もあり

これも良い面ではありますが

炎症部分意に塗るとときにかゆみを

引き起こす場合もあります

 

まぁ、馬油にアレルギーを持っている人は少ないので

どちらも可能性に過ぎないのですが

そのような面を考慮すれば安全性はワセリンに軍配があります

 

また安価で買えることもあって

水仕事などの手荒れの予防など

気軽に使う分にはワセリンのがいいですね!

 

ホホバオイルと馬油の比較はコチラから

アトピーには馬油とホホバオイルどっちがいい?比較してみた

 

オイルタイプの保湿剤の危険性

 

 

オイルタイプの保湿剤は余分な成分が入っていなく

比較的安全な保湿剤とされていますが

アトピーの治りかけに塗ると悪化するという欠点もあります

 

なぜそのようなことがおきるというと

炎症の治りかけの肌というのは

皮脂がたくさん分泌するようになり

そこにオイルタイプの保湿剤を使うと

油分が過剰になってしまうのです

 

油分が過剰になると

肌にもともと住んでいるマラセチアというカビの菌が活性化し

脂漏性皮膚炎という湿疹を発症させてしまいます

 

私はこれに気づかすにずっとワセリンを使い

治っては悪化しを繰り返しました

 

一見普通のアトピーと違いはなく

気づいてはいないだけで

私と同じ目にあっている人は多いと思います

 

 

おすすめは馬油クリーム!

 

オイルタイプの保湿剤はこのような面もあり

私はアトピーのかたには馬湯クリームを進めることにしています

 

馬湯クリームとは

普通のクリームタイプの保湿剤に馬油を混ぜたもので

油分が過剰になることもなく先ほどの欠点を補っています

 

またセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も多く含まれ

馬油の高い浸透力に加えて保湿力が上がっています

 

さらに馬油やワセリンのべたっとした使用感の悪さもなく

さらっとして使いやすいものが多いのも嬉しいです

 

 

アトピーの方で保湿剤に迷っているかたは

是非一度馬油クリームを試してみてください

 

馬油クリームの詳しい説明はコチラから

アトピーにおすすめの馬油はキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

 

-アトピーの人へおすすめの馬油
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピーにおすすめの馬油はキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

      アトピーの乾燥肌に悩んでいませんか?   普段、炎症や湿疹などで苦しんでいるので 乾燥肌くらい別に、と軽視してしまいがちですが 実は乾燥肌を放置する …

馬油はアトピーの赤ちゃんや幼児に使える?赤ちゃんにおすすめの馬油

    アトピーの赤ちゃんに使う保湿剤って やっぱり悩んでしまいますよね   ただでさえ敏感肌の赤ちゃんに さらにアトピーとなると 使える保湿剤も限られてきますので 慎重 …

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレは楽天やamazonでも買える?最安値は?

  私がアトピーの方におすすめする キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレですが 先日、どこで買ったらいいですか?というご質問をいただきました   キレイ・デ・ボーテは一応楽天やam …

馬油と尿素の比較!アトピーにはどっちがいいの?

  今回は尿素についての記事です   尿素は皮膚科で処方される可能性がある処方剤ですが 実はある問題点もあって処方されることはあまりなかったりします   ということで今回 …

アトピーには馬油とホホバオイルどっちがいい?比較してみた

  馬油とホホバオイル   アトピーにいいオイルというと この二つの名前を聞くことが多いかと思います   ちなみに私はもう一つのほうのブログで ホホバオイルも薦めていてい …