アトピーの人の馬油の効果

馬油とシアバターの比較!アトピーにいいのはどっち?

投稿日:

 

当ブログでおすすめしているのは馬油ですが

最近ではシアバターもアトピーにいいと

聞くことも多々あります

 

シアバターを一言でいえばいろんなオイルの

いいところを少しずつとりいれたバランスのいいオイルで

アトピーにおすすめできるオイルです!

 

ということで今回はそんなシアバターについて

馬油と比較しながら効果や特徴を紹介していこうと思います

 

シアバターとは?

 

シアバターとはナイジュリイアやガーナなどに生息する

シアの木の実からとれるオイルのことをいいます!

 

古くから、食事や怪我、日焼け止めの

民間療法でも使われてきました

 

その名のとおり常温で固まるバター状のものですが

使用感は馬油ほどベタッとしたものではなく

ココナッツオイルに近い感じで使いやすいと思います!

 

シアバターと馬油の比較!

 

シアバターのもつ作用は全部で3つです

保湿作用

抗炎症作用

酸化防止作用

 

これらの効果がありますが馬油と比較しながら

解説していきたいと思います!

 

保湿作用

 

シアバターの主成分はオイレン酸とステアリン酸ですが

保湿作用の大半はオイレン酸が担っています

 

オイレン酸とは人間の皮脂の41%を含む成分で

人間の肌とも近いためよく馴染み高い保湿力を発揮します!

 

ただ、やはり基本的に植物系のオイルは

そこまで高い保湿力がないので保湿作用では

浸透力がある馬油に軍配が上がります

 

 

抗炎症作用

 

次に抗炎症作用ですが

これはシアバターのもう一つの主成分である

ステアリン酸が担っています

 

ただ、やはりオイルの抗炎症作用は

ステロイドのように強いものではないので

あまり期待できるものではありません

 

これは馬油も同じで

炎症がある部分にはしっかりとした

抗炎症作用がある薬を塗ったほうがいいかと思います

 

酸化防止作用

 

そして最後に、抗酸化作用ですが

シアバターは酸化しないという特性を持っているので

油焼けの心配のないオイルだったりします

 

たいして馬油は酸化しやすいという特徴があるので

ビタミン類を配合することによって補っています

 

酸化防止といっても真夏の日焼け止めに使えるほど

強いものではありませんので注意しましょう!

 

まとめ

 

ということでまとめさせていただくと

馬油とシアバターでは一長一短ありどちらも

アトピーに有効だということが分かっていただけたかと思います

 

このようにシアバターは突飛する作用がないかわりに

馬油やホホバオイルのいいとろこを少しずつ含んでいるので

バランスがいいのです

 

馬油やホホバオイルが合わなかったというかたは是非一度ためしてみてください!

 

シアバターに関して詳しい記事はこちらから

シアバターはアトピーにおすすめの保湿剤?バランスで選ぶならこれ!

 

-アトピーの人の馬油の効果
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

馬油とココナッツオイルの比較!アトピーにはどっちがいい!?

    当ブログでおすすめしているのは馬油ですが ココナッツオイルはどうでしょうか? と聞かれることもよくあります   私もココナッツオイルは半年ほど 使用していた時期が …

なぜ馬油がアトピー肌の保湿に優れてるのか?皮膚の仕組みとは

    アトピーに至るまでの原因は 色々あると言われています!   たとえば、腸内環境が悪かったり 遺伝により作れない成分があったり 冷え性だったり活性酸素だったり・・・ …

馬油はアトピーの体にも塗ってもいい?馬油の安全性とは

    先日、「馬油はアトピーの体のどこに塗っても大丈夫ですか」 というご質問をいただきました!   このブログでも馬油の安全性には散々語ってきたと思いますが 体全体に塗 …

馬油はアトピーのシワやくすみに有効?馬油の美容効果とは

  しわやくすみが気になりませんか?   アトピーだと皮膚が赤かったり 乾燥肌でシワがたくさんできたりで 老けて見えがちですよね…   私はまだ未成年の大学生の頃に アト …

馬油でアトピー跡を治すことはできるわけとは?

    アトピーだと傷もたくさんできますし 苦労して治ったとしても特有の赤み いわゆるアトピー跡が残ってしまって気になりますよね   このブログでも散々紹介していますが …